中国茶の世界

ホーム → ■宜興について → ■蜀山南街 → ■前墅龍窯

   蜀山南街:近代紫砂壷一大発展の揺り籠!近代紫砂壷のドンである朱可心、任淦庭、顧景舟大師の工房、紫砂陳列室もここからでした。老街は今も人が住んでいますが、建物自体が相当痛んでます。政府の力がなければ保存が無理だろうと思います。街は写真を見て分かるように、非常に狭く、巾2メートルぐらいで、真中に1.2メートルぐらいの石板が敷かれてあります。老街の全長は700メートル前後だと思います。
紫砂壷の作家が皆ココに住んでいたわけではなく、蜀山老街は紫砂壷の貿易地(集散地)だったので、周辺で製作された紫砂壷が一度この南街に集まり、太湖から中国各地へ運ばれたそうです。
     
  龍窯と同じく宜興市の保護単位に指定された蜀山旧街
     
  川は現在かなり汚れてますが、昔は皆この川で水泳していた程、川が綺麗かったそうです。
     
   
     
     

ライン
Copyright (C) 1998〜2016 中国茶の世界(真如禅意精品流通)