中国茶の世界

ホーム → ■紫砂壷部位名称(壷鈕)

砂壺図解

紫砂陶刻

壺嘴図解

壷蓋図解

壺把・壺底

紫砂装飾
 
 
 昔から「目は心の窓」、「目は口ほどにものを言う」などと言われるように、目線は良い人間関係を築く上で重要な要素です。では茶壷の目は何処ですか?と作家さんに聞いて見ましたが、多くの人が「壷鈕だ」と答えてくれました。そうです、壷鈕は間違いなく紫砂壷の目です。壷鈕は壷にとって欠かす事の出来ない大切な一部です。
壷鈕は別名「的子」とも呼ばれています。紫砂壷のパーツの中で最も小さい部類に入りますが、画龍点睛(がりょうてんせい)の役割を果たしています。紫砂壷の世界では色々な壷鈕がありますが代表的な物を紹介します。
     
■球型鈕
球型鈕が紫砂壷の中で最も見かける形で、圓形、扁圓形、錐形などが全部この「球型鈕」に分類されます。
     
 
     

     
■橋梁鈕
紫砂壷の世界で有名な「石瓢壷」の壷鈕がこの「橋梁鈕」です。
     
 
     

     
■多辺体型鈕
四方形、六方形など、方壷の作品に使われる壷鈕が多辺体型鈕です。
     
 
     

     
■象型鈕
虎、獅子、豹、馬、兔、魚、蝶などの鈕が象型鈕に分類されます。
     
 
     

     
 
牛鼻形鈕   環鈕
     
 
花式鈕・菊花鈕    
     
 


ライン
Copyright (C) 1998〜2016 中国茶の世界(真如禅意精品流通)