中国茶の世界
ホーム → ■中国茶詩、茶聯、茶事 → ■唐・宋茶詩
ライン








■解説:
 
 白居易(772〜847)は中唐の詩人。字は楽天。号は香山居士。山西太原人。日本の「源氏物語」も白居易の「長恨歌」が影響を及ぼしているとか。白居易は詩人だけではなく、お茶の腕もなかなかのようで、自分の事を「別茶人(お茶の善し悪しが分かる人)」と自慢した。お茶と関係ある詩は50以上を残す。
 
 山泉煎茶有懐 (山泉にて茶を煎ておもい有り)の訳:

 ゆっくり腰を下ろし、清らかな水を酌み、 目の前でミドリの茶を立てる。

 この一杯の美味しい茶を、茶好きの親友に届けたくも術がない。

 *瑟瑟は碧緑色。  塵は抹茶、茶粉。
 *無由は機会がない、すべがない。
 *陸羽は「「山水上、江水中、井水下」」の評価する。山泉は山からの湧き水。



ライン
Copyright (C) 1998〜2016 中国茶の世界(真如禅意精品流通)