中国茶の世界
ホーム → ■中国茶詩、茶聯、茶事 → ■唐・宋茶詩
ライン









■解説:
 
 蔡襄(cai-xiang)(1012〜1067)は宋代の書家と文人。字は君謨で、興化仙游(福建省仙游県)人。宋の4大書道家の一人。楷書、行書と草書が得意とする。お茶の腕も一流とか。お茶に関する著書「茶録」を書き残す。
 
 この「造茶」は蔡襄「北苑十咏」の中の一つ。
 
 茶の芽を蒸し、砕くのはあっという間に出来、 それを新しい型の中で丸めていく。

 型から取り出すと、月のように丸く、団茶上の龍が今にも飛び出しそうな勢い。

 焙炉から取り出した団茶は完璧だ、火加減も丁度良いだと誇り合う。

 *蔡襄は丁謂の龍団茶を改良し、更に高級化した人。「前丁後蔡」と言われる。
 *糜はお粥だが、団茶を造る時、蒸しを砕き(お粥のように見える段階)、型に入れて整形......
 *献上茶の上に龍の絵柄が入る。



ライン
Copyright (C) 1998〜2016 中国茶の世界(真如禅意精品流通)