中国茶の世界
ホーム → ■中国茶詩、茶聯、茶事 → ■唐・宋茶詩
ライン








■汲江煎茶の解説:
 
 蘇軾は中国北宋代の政治家、詩人、書家。号は東坡居士。蘇東坡と呼ばれることが多い。四川省眉山出身。唐宋八大家の一人(蘇軾の父と弟も入って3蘇)。
 
 活水(流れている水。陸羽は山水上、江水中、井水下と評価)は是非とも活火(勢いの炭火)で煮なければならない、

 そこで作者がわざわざ岩(釣石は釣りをするのに良い岩石)に登り、深く澄んだ水を汲みに出かける。

 大きいなヒシャクに月を映したまま水甕へ落としこみ、

 小さいヒシャクでその江水を水甕から湯沸かしへと分けていく。

 雪や牛乳のような白い茶湯が沸き上がり、

 松林を吹く風のような音をたてる。

 三碗飲んでたら、もうこれ以上無理(長短更の時なので、既に空腹状態)、

 あとは、坐ったままこの田舎まちの、時を知らせる鼓の音を聞く。

 *長短更は古代、長短の組み合わせで時刻を知らせる(更声)を指す。



ライン
Copyright (C) 1998〜2016 中国茶の世界(真如禅意精品流通)