中国茶の世界
ホーム → ■中国茶詩、茶聯、茶事 → ■唐・宋茶詩
ライン









■解説:
 
 梅尭臣は北宋代の詩人である。字は聖兪。宣州宛陵(現在の安徽省宣城市)人。

 七つ物の味と香りをブレンドしたお茶(芯茶は新芽で出来た上等のお茶)。

 浮いてる花(浮花は茶の泡を指す)や緑(茶粉)は夕霞よりも美しい。
 *抹茶(碧の茶粉)にお湯を注ぎ、茶筅で立てると白い泡が表面に浮く様子が夕霞よりも美しい。と

 この茶を飲むと、天子の恩寵が身にしみる。
 *作者の梅尭臣が科挙の試験官を務め、皇帝から七宝茶が贈られた事を喜んでこの詞を詠んだ

 天子直々の七宝茶なので並の名誉とは訳が違うのだと誇っている。



ライン
Copyright (C) 1998〜2016 中国茶の世界(真如禅意精品流通)