中国茶の世界
ホーム → ■中国茶詩、茶聯、茶事 → ■元・明・清茶詩
ライン




愛茶歌

■呉寛(1437〜1506)字原博。長洲(江蘇省蘇州)人。
 
愛茶歌 の解説:
 
 湯翁は作者の呉寛を指す。  不数は数えない、

 無長物は余計な物がない。

 閑さえあればお茶を煮てばかり、気づけば湯飲みは一日中手にする。

 当筵侍立惟茶童: 筵席で手伝っているのは茶童だけ、

 (我が家を)尋ねて来るのも茶友のみ。

 盧仝(走筆謝孟諫議寄新茶)参照。 黄九は黄庭堅(煎茶賦)を指す。
 *詩を詠んでも、文章を書いても茶から離れない(お茶の関連する物ばかりという意味)

 (作者が書いた)茶経の続編も出来、茶譜の補遺(もらし落とした事柄を、拾い補うこと)も間もなく完了。



ライン
Copyright (C) 1998〜2016 中国茶の世界(真如禅意精品流通)